人生奪回ゲーム~そして僕は人間になる~

オナ禁✖自己改善により人生を取り戻すブログ

【オナ禁70日目】自分のやり方を貫け!

やあみんな、みゅうだ。あいかわらず行動せず休んではいるが、前向きな思考、自尊心は回復してきた。停滞期も出口に差し掛かっているのかもしれない。まあ焦らずやっていくつもりだ。

今回の停滞期を踏まえて休息の間に自分のやり方を見つめなおしていた。その中で考えたことを今日は皆に共有したい。

やり方は無数にある

今はインターネット発達した時代。昔と違い簡単に情報にアクセスできる。おかげで簡単に知識を得られる反面、無数の情報に惑わされ何が正しいのかわからなくなる時が多々ある。オナ禁一つとってみても人によってやり方は様々で、何が正しいのかわからなくなる。その無数の選択肢の中から選ばなければならないのは大変な作業だ。いったい何を基準にして選べばいいのだろうか?

成功するやり方はただ一つだけ

さまざまな理論があり、さまざまなやり方がある。それはどれも正しく見えるし、どれが正解なのかなんて誰にも分からない。正解と思われていたことが時が経つにつれてひっくり返ることも多々ある。絶対にこのやり方は正しいというやり方など存在しない。

ただ、僕は絶対に成功するやり方がただ一つだけあると思っている。それは自分が信じるやり方だ。根拠なんかなくてもいい。自分がこういうやり方がいいだろう、効果があるだろうと信じられるやり方でやればいい。それを貫けばいい。

正解は自分が作る

自分の外に正しさなんて求めるな。正解は自分で作りだせばいい。いつだって時代を変えてきたのは自分のやり方を信じて貫いてきたやつらだ。

人間が最も力を発揮できるのは心と行動が一致したときだ。いくら正しいといわれている方法をやっても、自分がその正しさを信じられていなかったらうまくはいかない。だから一番いいのは自分が信じるやり方をやることだ。自分がこれがいい、正しいと思えるやり方を貫けばいい。自分が信じ切っていれば妥協がなくなる。本気で取り組める。いつだって成功できるのは本気でやった奴だけだ。心から信じられないものを本気でやれるはずがない。借り物の理論で自分の心をごまかすな。自分の心が信じることをやれ。理論はやっているうちに自然とついてくる。いずれ腑に落ちる時が来る。

オナ禁も一緒

オナ禁にも様々なやり方がある。1週間リセット説、セックスリセット説、エロ禁しない説などなど、本当に無数のやり方があり、そしてどの理論も正しく思える。どれが一番いいのかなんて誰にも分らないが、自分だけの正解は決められる。自分がこれだと思うやり方でやればいいのだ。

僕は長期オナ禁派だが、セックスは大いにすべきだと考えているし、ポルノ中毒は嫌だからエロ禁する。筋トレ、早寝早起き、瞑想をプラスすべきだと考えているが、栄養は食品からとるとの考えのもとプロテイン亜鉛などのサプリは一切摂取しない。

これはあくまで自分にとっての正解だ。自分が信じるやり方でやればいいと僕は思う。

 

なぜこんな記事を書いたのかというと、自分の筋トレのやり方を変えようと決心したからだ。もともと僕はウエイトトレーニングから始めた。だが、なんとなく自分には合わないような気がしてやめた。その後囚人トレーニングに出会い、自分の価値観にあっていると思い、ずっと囚人トレを続けていた。それは確かに楽しかったし充実感も効果もあった。だが最近全然記録が伸びない、見た目の変化が少ないことに悩んでいた。

もともとは身体能力を高めることを目的として筋トレしていたが、最近は見た目でも筋肉があるとわかるくらい大きくしたいと思っている。要は見せ筋を作りたくなったわけだ。だが、ウエイトはなんとなく好きじゃないのでやる気にならない。というわけで僕は毎日腕立て伏せを連続で1000回やるというやり方にすることにした。僕はトレーニング理論についてかなり詳しく知っているつもりだが、これはあらゆる理論を無視したやり方だ。筋トレに詳しい人であればそれは意味がないという人が大半だろう。だがなぜか僕はそれをやりたい、効果があるに違いないと信じてしまった。理性は止めようとしているが心が信じているのだから仕方がない。とにかくやってみようというのが今の心境だ。意味があるかどうかはやってみてから決めればいい。途中でこれは正解じゃないと思ったならば別のやり方に変えればいい。

やってみての感想はいずれ報告したいと思っている。果たして腕立て伏せを延々やり続けるだけの筋トレに意味はあるのか?結果を楽しみにしていてくれ。

 

 

 

 

【オナ禁69日目】ありのままでモテる男になる

やあみんな、みゅうだ。オナ禁は続いているだろうか?僕も停滞期ではあるがしっかり継続している。停滞期に突入し今は休む時期だと納得しているため、逆にゆったりした気持ちで穏やかに過ごせている。ここで力を蓄え気力が回復したときに大きく飛躍したいものだ。

さて、今日はモテについてのお話。モテは僕の大好きなテーマだ。モテることは人生の大きな課題といっても過言ではない。オナ禁戦士にとっても関心の高い話題だろう。

 

 

とはいっても今日はモテの具体的な方法論ではない。むしろそれ以前のマインドセット的なお話になる。

 

工学戦士だったみゅう

皆は恋愛工学はご存知だろうか?浅い知識で語ると怒られそうなので語らないが、恋愛を理論的に攻略しようという取り組みだ。かつて全くモテず経験人数が少ないことがコンプレックスだったみゅうは、恋愛工学を学び実践していた。たくさんの女の子とセックスしてモテている実感を持てれば自信が持てるはず、みんなにもすごいと思われるはず、こう信じてひたすら女の子にアプローチしまくっていた。確かに経験人数は増えた。でも得られたのは虚無感だけで、膨大な時間とお金とそして自信を失っていった。

非モテになったみゅう

なぜ経験人数が増えても虚無感しか得られなかったのか。なぜ自信を失ったのか。それは僕が求めていたのが愛だったからだ。恋愛工学はセックスまでこぎつける技術ではあっても愛される技術ではない。セックスしても愛されない、愛されたとしてもそれはテクニックで繕った自分で素の自分は愛されないなんてことがよくある。そもそも恋愛工学で落ちる女の子に僕が心から魅力的だと思える女の子はいなかった。

これは恋愛工学を否定しているわけではない。かわいい女の子とセックスできればそれで幸せ、セックスこそが人生の目的と感じられる人には確かに役に立つ技術だ。ただ僕が求めるものが違っただけ。僕は自分が魅力的だなと思った女の子に好きになってもらいたかった。僕の求めるモテはただセックスすることじゃなく、ありのままの自分を愛してもらえることだった。

だから僕は恋愛工学を捨てた。そして恋をした。

恋をした僕は恋愛工学の非モテコミットそのままだった。その子に執着し喜ばせるためなら何でもやった。その結果利用されるだけされた後無残に裏切られ、失恋した。

 

 オナ禁戦士に生まれ変わる

絶望と悲しみの底で、みゅうは決意した。もう恋愛工学にもワンナイトにも興味はない。かといって純粋に恋愛しようとして今回みたいに傷つけられるのももう嫌だ。だからかっこよくなろう。強くなろう。魅力的な人間になろう。ありのままの自分でも好きになってもらえるような魅力的な人物になろう。こうして一人のオナ禁戦士が生まれた。

オナ禁はステータスを上げる最高の方法

恋愛をゲームで例えると、キャラクターの強さによって勝敗が決まることが多い。その人物のもともとの魅力がそのキャラクターのステータスで、その上に経済力や恋愛工学の技術など様々な装備品でステータスに上乗せできる。

ずっと恋愛という戦場で戦い続けることを楽しめる人はいいだろう。だが僕には安息の地が必要だ。そして安息の地では装備品など脱ぎ去ってくつろぎたい。その安息の地に魅力的な女性がいてほしいとなるならば、装備品をすべて取り去った自分がその人に見合うだけの魅力がなければならないと思う。

だから僕は自分のステータス、素の魅力を上げ続ける。そしてそのためにはオナ禁が最高の手段だと信じている。オナ禁をベースに自己改善を重ね、魅力的な人物になれれば、必ず好きになってくれる人が出てくる。

ありのままの自分でモテる男になる。これが僕のモテのテーマだ。もちろん外見など改善できるポイントは改善するが、キャラを変えたりはしない。

僕は優しくしたいからディスったりしないし、もともと穏やかな人柄だからイケイケなチャラ男になったりもしない。素のキャラのまま、自然体でモテるようになる。

 

そのためには今は日々努力を積み重ねていくしかない。さあ、今日も黙ってオナ禁だ。

 

 

【オナ禁68日目】オナ禁で無気力になる!?

やあみんな、みゅうだ。あらゆる対策をとったつもりだったが、どうやら停滞期に突入してしまったようだ。

オナ禁効果のテンプレートを見ると、70~90日にかけて無気力になるというものがある。これがそのまんま当てはまっているのが面白い。

現在はなんとなく自信が持てず人と関わるのもおっくう、何もやる気が起きない、なんとなく元気が出ないといった状態だ。

以前感じていたようなエネルギーはなくなり、圧倒的なポジティブシンキングを失い、かつての自信は消え失せた。まったくこの無気力症状は恐ろしいものだ。

唯一の希望は先人たちが残してくれた記録にこの症状が記されていることだ。これは僕だけでない、多くの人が通った道なのだということが僕を勇気づけてくれる。

僕は長期オナ禁をしたことがないので、この先は全く未知の領域だ。この先に何が待ち構えているのか、どんな危険や宝物が待っているのか、全く知らない。まるで先人たちが残してくれた地図のみを頼りに進む冒険者のようだ。

正直不安はある。この停滞期はいつまで続くのか、このまま続けていくことに意味はあるのか、考えればきりがない。

もう先人たちの残した足跡を頼りに手探りで進むしかない。90日を超えるころには脱出できる、そしてその先には先人たちが手にしたような栄光が待っている、それだけを信じてこの暗闇を一歩一歩進むしかない。

もちろんただ時が過ぎゆくのを待つつもりはない。食事、睡眠、筋トレ、瞑想などできることはすべてやっておく。あらゆる努力をしたうえで、ただ待つ。以前記事に書いたこともあるが、人生には波がありそれは意志の力ではコントロールできない。コントロールできないものは受け入れてそのうえでどう生きるかを考えなければならない。以前の記事を読んでいない人はぜひ読んでみてくれ。

 

namwan.hatenablog.com

 なぜオナ禁に停滞期があるのか。

僕はこの2か月、人生を変えるべく本気で行動し続けてきた。ずっと挑戦し続けてきた。常に昨日の自分を超えよう、成長しようと頑張り続けてきた。

これは今は休む時期だというメッセージなのかもしれない。人はずっとは走り続けてはいられない。必ず休息が必要だ。そして、休息は悪いことではなく、筋トレで傷ついた筋肉が休息を経て強く大きくなるように、僕を強く大きくしてくれるだろう。

だからこの停滞期、無気力は前向きにとらえていきたい。今は高く飛び上がる前にぐっと沈み込むように力を蓄える時期。やるべきことはやって、あとは自分を見つめなおしたり人と話して方向性の修正をはかったりしよう。

僕が先人たちの記録に勇気をもらったように、僕もあとからくる人たちの道しるべでありたい。こうしてブログというコンテンツで皆が見れるように記録を残せることをありがたく思う。

【オナ禁67日目】テストステロンを高める具体的な方法

やあみんな、みゅうだ。昨日停滞期に入りそうだといったが、テストステロンを爆上げすべく行動したので無事回避できそうだ。まだ油断はできないがな。

というわけで昨日宣言した通り、今日はテストステロンを高める方法について語っていこう。

 

テストステロンを高める栄養を取る

テストステロンを高めるのは、タンパク質・亜鉛・抗酸化ビタミンだ。まあ栄養素の名前を言われてもピンと来ないだろうから具体的な食材名を書いていこう。

具体的には肉・卵・にんにく・玉ねぎ・カキ・ブロッコリーを取っておけば間違いない。理論的な説明がほしい人はネットで検索してみてくれ。僕の浅い知識で語るよりはるかに有益な情報が得られるだろう。

特に肉・卵・ニンニクの組み合わせは即効性がある。ニンニクはタンパク質の吸収を高める作用もあるので掛け合わせでより大きな効果を得られる。具体的にはすた丼だな。あれを食えばテストステロンは激増だ。最近元気がないなと思ったらすた丼でニンニクマシマシで食べてみてくれ。

カキも非常に有効だ。なんといったって亜鉛の王様だからな。定食屋でカキフライを頼もう。これも即効性があるからテストステロンが下がってきたと思ったらしっかり取ろう。ちなみに僕は週1は必ず食べている。

玉ねぎ、ブロッコリーには即効性はないが継続的に摂取することでテストステロンを高める効果があるようだ。特に玉ねぎは50%もテストステロンが上昇したという報告が出るほど効果が高い。特に生が良いみたいなので玉ねぎサラダを食べよう。

ちなみにヨーグルトも有効だ。これは直接は関係しないが腸内環境を整えることで栄養の吸収率を高めることができる。日常的に摂取するとよい。

良質な睡眠をとる

寝ている間にテストステロンが生成されるので、睡眠も非常に大きな影響を与える。しっかりお風呂に入り、ストレッチなどで血行を良くしてから布団に入ろう。寝る前にスマホを見るのも良くない。睡眠についてもネットで調べれば質を高める方法はいくらでも出てくるのであまり語らないが、とにかく十分な睡眠をとることは意識してくれ。

オナ禁を続ける

テストステロンが下がってきたと感じてもリセットしてはいけない。リセットはさらにテストステロンを下げる。オナ禁を続けていたほうがテストステロンの上り幅も大きくなるので続けることが賢明だ。

筋トレする

筋トレがテストステロンを高めることは有名なのでご存じだろう。とにかく筋トレすることをお勧めする。

 

以上の4つに気を付けていればずっとテストステロンが高い状態を維持できるし、下がったとしてもすぐに復活できる。

この中で優先順位をつけるならば、食事・睡眠・オナ禁・筋トレの順だ。まず材料がなければ始まらない。そして生成できなければ意味がない。オナ禁は生成したテストステロンを保持する役割だ。決して無駄に使ってはいけない。最後に筋トレ。これはテストステロンをブーストさせる役割なのでまず生成できる環境を整えることのほうが先決だ。

テストステロンといえば筋トレ!という風潮があるが、作れなければ意味がない。そもそも低テストステロン状態では筋トレのモチベーションも上がりづらいだろう。まず食事、睡眠、オナ禁でテストステロンを高め、そのエネルギーを使って筋トレでさらにブーストさせる。これが最強だと思っている。

それぞれについての理論はあるが長くなってしまうので理論は話さず、大まかな流れを話した。ただ、理論を理解しているかどうかは非常に重要で、今回僕ももしテストステロンについて無知だったならばオナ禁効果がなくなったと思い込んでしまっていただろう。知識を身に付けることは大きな助けになる。

いずれ理論についてもまとめたいとは思うが、とても時間のかかる作業なのでしばらくは許してくれ。

今日覚えてもらいたいのはこれだけ。

テストステロンを増やすのは食事、睡眠、オナ禁、筋トレの順。食事はすた丼とカキフライ食べておけばとりあえずOK。

シンプルだろう。ではテストステロンを高めてお互いいい男になろう。またな。

 

 

【オナ禁66日目】オナ禁がうまくいっているか知る方法

やあみんな、みゅうだ。オナ禁はうまくいっているだろうか?僕は停滞期に突入しそうな怪しい雲行きを感じている。

というわけで、今日はオナ禁がうまくいっているのか知る方法について話そうと思う。

 

テストステロンはご存じだろうか?男性ホルモンの一種で男らしさを形作る大切なホルモンだ。これは調べればたくさん情報が出てくるし、オナ禁戦士にとってはなじみ深いと思うので多くは語らない。

オナ禁効果の大半はこのテストステロンによるものが多いので、テストステロンの増減を把握できれば今オナ禁がうまくいっているのか判断できることになる。

ではどうやってテストステロンの増減を判断するのか。

最も重要なパラメーターは朝勃ちである。オナ禁していて朝勃ちしないのは非常に危険な兆候だ。テストステロンが減少している可能性が高いので、今すぐテストステロンを増加させる行動をとらねばならない。

女性を目で追ってしまう、女性を性的な目で見てしまう、すぐ性的な妄想をしてしまうなどもテストステロンの減少を示唆する。テストステロンが増えれば性欲が増すのではないかと疑問に思う人も多いだろうが、テストステロンが引き起こす性欲の増加はエネルギーの上昇や行動力の上昇となって現れることが多い。逆に異様なムラムラはジヒドロテストステロンが引き起こしているものだ。だからもし異様なムラムラに襲われてしまっているようならテストステロンが減ってその代わりにジヒドロテストステロンが分泌されている可能性が高いので、テストステロンを上げるよう努めなければならない。

なんとなく自信がない、人と会うのが恥ずかしいなどもテストステロンの低下を示している。テストステロンが高いと根拠のない自信があふれだし、堂々とふるまえるようになる。逆にこういう振る舞いができない場合はテストステロンが低下していると考えてよい。

まとめると、毎朝しっかり朝勃ちはあるが、性的妄想にとらわれたり女性を性的な目で見たりすることはなく、自信に満ち溢れ堂々としていられる。このような状態ならばオナ禁はうまくいっていることになる。

逆にこれに当てはまらない場合、テストステロンを増加させる取り組みをしなければならない。

オナ禁は基本的にはテストステロンを増加させる効果を持つが、オナ禁だけしているとテストステロンの分泌は下がってくる。それでもオナ猿の頃よりは多く分泌されてはいるのでオナ禁意味ないじゃんなどとは思わないように。

オナ禁+αが重要といわれるのはこのためだ。

オナ禁うまくいってないなと感じたらテストステロンを上げることを意識して行動しよう。

具体的にどうやってテストステロンを上げるのか。明日はそれについて話していきたい。

【オナ禁65日目】オナ禁していればすべてがうまくいくわけではない、それでも…

やあみんな、みゅうだ。昨日は試合があったのだが自分の力が全く通用せず、築き上げてきた自信や自負がもろくも崩れ去ってしまった。自分の弱さを改めて思い知らされた一日だった。

というわけで今日は昨日の経験から得た気づきをお話ししたい。

 

オナ禁していればすべてがうまくいくと思ってしまいがちだ。事実僕もそう思っていた節がある。だが実際にはそんなことはない。オナ禁していようがしていなかろうがうまくいかないときは必ずある。オナ禁は人生のすべての問題を解決してくれる魔法ではないのだ。

オナ禁してもうまくいくわけじゃないならオナ禁する意味なんてないじゃないかと思うだろうか?

確かにうまくいかないとオナ禁に疑問を持ってしまうのはわかる。オナ禁に効果は本当にあるのか?無駄な努力なんじゃないか?と不安になってしまう気持ちは痛いほどわかる。結局人生は変えられないんじゃないかという焦りや絶望は身に染みてわかる。

それでも、それでもなお僕はオナ禁を続ける。それはなぜなのか?

それはオナ禁が僕の希望だからだ。オナ禁は人生すべてがうまくいくような魔法ではないかもしれない。それでも、オナ禁を続けていれば人生は今よりもっと良くなる、昨日の自分より成長していけると信じている。

今の僕は自信をなくし、自分の弱さに打ちひしがれている状態だ。それでも未来に希望は持っている。自分はもっと強くなれる、いやなってやるという闘志が湧き上がっている。その希望の源がオナ禁なのだ。未来の自分はもっとすごいやつになっているという希望が今の僕の闘志を支えている。希望があるからもっと頑張ろう、もっと成長しようと挫折を前向きにとらえられる。もし希望がなければ心折れてしまっていただろう。自分は大したことない人間なんだ、この程度の人間なんだとあきらめてしまっただろう。こうやって悔しいからもっと努力して成長してやるなんて気にはなれなかったはずだ。

オナ禁が魔法ではなくとも、僕はオナ禁を信じている。人生を変えられると信じている。それは先人たちの体験談のおかげだったり、今まで自分が積み重ねてきた日数と成長だったり、根拠は様々だがとにかく信じている。

『自分を信じないやつに努力する価値なんかない。』

これは、いくら努力しても天才には勝てないんじゃないか、自分は強くなれないんじゃないかと悩むリーにガイ先生が言った言葉だ。(NARUTOより)

信じようぜ。オナ禁を、そして自分の可能性を。努力すれば必ず成長できる。もっとすごい自分になれる。人生を変えたくてオナ禁を始めたんだろ?変えてみせようじゃないか。

僕ももっと成長する。皆がオナ禁で人生を変えられるんだって信じられるように、希望を与えられる存在になる。

まだまだこれから。オナ禁で人生が変わったって堂々と言えるくらいすごい人間になってみせる。そのために今は一日一日努力を積み重ねていこう。

【オナ禁64日目】自分の感覚を信じる

やあみんな、みゅうだ。昨日は2記事あげるといっておきながら結局あげることができなかった。実は昨日『アリー/スター誕生』という映画を見てきたのだが、あの映画から受けた感動をうまく消化できなかったのだ。今でも胸の内に熱が渦巻いている。ネタバレしてしまうのが怖いのであまり語らないでおくが、まだ見ていない人はぜひ観てほしい。ガガの歌声に魂を揺さぶられることだろう。

さて、今日はオナ禁1ヶ月を乗り越えた人向けのお話になる。

 

オナ禁を続けていくと自分の調子に敏感になる。やる気がみなぎりなんでもできるように思える日もあれば、何もやる気が起きない日もあるだろう。オナ禁をしていても毎日がスーパーサイヤ人というわけではないのだ。

ではやる気が起きないときはどうすればいいのか?

その時は自分の感覚を信じて休むことだ。人には波、バイオリズムがある。いい時もあれば悪い時もある。そればかりはコントロールできない。だから逆らわずに受け入れるのが一番いい。悪い時に頑張るのはエネルギーを消耗しすぎる。悪い波の次はいい波が来るのだからその時までエネルギーを蓄え、いい波が来た時に一気に頑張るのだ。

調子が落ちてきたからといってリセットしてしまうのはもったいない。何をやるにしても上達・成長の前にはプラトーやスランプがある。ずっと上がり続けるというわけにはいかないのだ。だがそこを乗り越えれば必ず次のステージに行ける。だから決してあきらめず、できることだけやって力を蓄えることだ。

また、オナ禁していると心の声にも敏感になる。頭ではこれをしたほうがいいとわかっていてもなんだか気が乗らなかったり、急にあれをやりたいと思いついたりすることもあるだろう。そのときはなるべく心の声に従ってあげてほしい。僕の経験上、従ったほうがうまくいくことが多かったし、何より人生が楽しくなった。最近は筋トレやその他の自己改善の取り組みもやる気が出ないときはしないようにしている。最もやる気が出ないことなんてほとんどないが。その時一番やりたいと思っていることをやること。自分の心が求めていることをやる。それが一番効率よく上達できる道だと思っている。

不思議なもので、オナ禁していると心の声と欲求の違いも分かるようになってくる。例えば甘い匂いにつられて甘いもの食べたいという強烈な欲求が出てきたとしても、心がいや今は食べないとNoを出すことがある。理性と心の声と欲求、この違いは非常にあいまいで普段人は自分がどれに従っているのか判断できないが、オナ禁を続けていくと感覚的にわかるようになってくる。理性に従ってばかりだと息苦しくなるし、欲求に従ってばかりだと人生を破滅させる。大事なのは心の声、自分が本当に求めるものは何なのかを知ることだ。

オナ禁で心の声を知ることができるようになるのは人生を輝かせるうえで非常に大きなメリットになる。だが、オナ禁を極めた人でない限り心の声を聴いても理性や欲求が邪魔をしてくるはずだ。そのときは自分の感覚、心の声を信じることを忘れないでほしい。本当に大切なことはちゃんと心が知っている。ただそれを信じて従うだけでいいのだ。

今日はとても抽象的な話になってしまったが、この感覚はオナ禁を始めて初めて得られたものだったのでぜひ共有しておきたかった。

あくまで今日のお話はオナ禁中級者向けなので注意するように。